「気づかい」の潤滑油

周囲への「気づかい」ができる人。それは”先を読む能力”に長けている人。先を読むというのは、想像力を働かせること。そしてそこには”思いやり”をそっと添えることのできる人。そのことで圧倒的な信頼感を得ることができます。この信頼感の積み重ねで人としての器の差が大きくなります。また、気づかいのできる人は「空気を読める人」。周りの空気を素早く察知し、発言や行動をすることができる人です。もちろん、これは職場だけでなくプライベートにおいても、とても大切なことです。結果、気づかいができる人たちが多くなれば、雰囲気が良くなります。この雰囲気=”空気感”がとても大切なのだと考えます。「気づかい」とは働く皆の気分を良くしてくれる「人と人との潤滑油」なのでしょう!

明日ダイニング 肉山