”気付き”

何よりも”気付き”が大切と考えます。

それは”気付き”を「意識」することなのだと思います。